メガネの松山のブログ

メガネの松山のブログ

メガネ・補聴器ならメガネの松山。
メガネに関することは何でもお気軽に
ご相談ください。

2022年10月20日

【STYLISH 松山(猪名川)】室内と屋外とで色が変わる👀調光レンズ

だんだんおでかけしやすい気候になってきましたが

それでも気になるのが日中のまぶしさ🌞

せっかくの景色も余計な光のせいで目を細めて見づらくなってしまいもったいないですよね。

秋から冬にかけて日中の太陽の高さは夏と比べるとかなり低くなります。

そうすると太陽が地上に近い高さにあるため、ほぼ正面から太陽の光を浴びやすくなってしまうそうです。

しかも冬は空気が乾燥するので目の涙💧も蒸発しやすくなり、そういった不快感もプラスされてしまうと余計目を開けられなくなってしまうことに…

しかもほぼ正面から太陽光を浴びるということはそれだけ紫外線を浴びてしまうので、まだまだ日焼け止めが手放せません。

「眼鏡と別でサングラスを持ち歩くのは荷物が増えてしまう…」

「度付きサングラスを作りたいけど夜の運転のために色が濃すぎるのは困るし、かといって薄すぎるのも困る」

という方にお勧めなのが室内と屋外とで色が変わる「調光レンズ」です。

しかも今年レンズメーカーHOYAさんの調光レンズがリニューアルされました✨

HOYAさんの調光レンズにはセンシティ2センシティダークサンテックミスティの三種類があるのですがそれぞれ

センシティ2「紫外線で発色」「色の戻りが従来レンズと比較して約2倍のスピード」「紫外線を浴びた時の発色スピードが90秒以内」

センシティダーク「紫外線+可視光線で発色」

サンテックミスティ「紫外線で発色」「センシティ2よりも薄い色で特に女性に人気の色」

と特徴があります。

上の動画の左端「サンテック」はリニューアル前の調光レンズです✨
日中車の中で色が変わって欲しい方にはで色が変わるタイプ「センシティダーク」がおすすめです✨(車のフロントガラスは紫外線カットの加工がされているため)

また調光レンズは紫外線量や気温によっても濃淡が変わります↓

こちらはスタッフが調光レンズの見え方を確認した写真です。

あまり日差しの強くない曇り空でも発色しますが、暗すぎず程よい見え方になっています。

サングラスといえば夏のイメージが強いですが、むしろこれからが本番かもしれませんね。