メガネの松山のブログ

メガネの松山のブログ

メガネ・補聴器ならメガネの松山。
メガネに関することは何でもお気軽に
ご相談ください。

2022年11月10日

【STYLISH 松山(猪名川)】新入りサングラス Resonance

新入りといっても実は2か月程前に入荷していたのですが、なかなかお知らせできず……

2017年ロンドンで発表されたメガネブランド「METRONOME」がセカンドラインとして2021年に作った「Resonance」のサングラスです。

 

「METRONOME」

2017年、ロンドンにて発表。その後、瞬く間に世界中のバイヤーから代理店依頼を受け、海外で一気に広がる。

毎年パリ、ミラノ、ニューヨーク、ロンドンでコレクションを発表している。

2018年、非公式ながらもパリコレクションに参加。日本からは唯一サングラスでパリコレクションに参加したブランドに。

一見奇抜ながらも計算されたデザインは、服飾とともに生きてきたデザイナーならではの、個体として、トータルファッションとしてのデザイン、ストーリー性が評価を受けているブランドです。

公式ホームページより引用

「Resonance」

2021年、要望が多かった意見「いいけど高い」「このデザイン性で安くして欲しい」「もう少しかけやすいものを」と言った日本側の意見を取り入れた、METRONOMEのセカンドラインとなります。テーマはブランド名の通り「共鳴」。誰にでも響きやすいように、METRONOMEのテイストを少し「響きやすく」したデザイン、手頃な価格を実現しています。

公式ホームページより引用

黒いフレームのサングラスはありがたいことに一本ご購入いただきましたのでのこり2本になりました。

かなりインパクトのあるフレームですが季節を問わず使えそうです。

今からだとフェイクファー生地の小物と組み合わせるとかっこよさそうですね。

艶がとてもきれいです。

探そうと思ってもなかなか見つけることのできなさそうなデザインのフレームです。

写真だと伝わりづらいですが透明の生地の中にある黒い柄は奥行きがある分角度によって太さが変わって見えるので、フロント部分は横から見ると真っ黒に見えます。

ぶ厚い生地だからこそ活かせるこの奥行きがとてもきれいです。

こちらは跳ね上げ。1996年始動したファッションブランド「DEVILOCK(デビロック)」とのコラボレーションアイテムです。

完全受注生産の限定アイテムで、本日(2022/11/10)公式ホームページを確認したところすでに完売になってた貴重なアイテムです。

跳ね上げフレームは構造上どうしても横から見た時にぼこっと独特の厚みがあるものが多いのですが、こちらはとてもすっきりしています。

近視で老眼が進んだ方は、遠方用の単焦点レンズだと近くを見る際に眼鏡を外さないと見づらい…という悩みがありますが

跳ね上げフレームはフロント部分をひょいと持ち上げることができるので、つけ外しのわずらわしさがかなり解消されます。

まだ老眼じゃないという方でも今からの季節マスクでレンズが曇ってしまうのを持ち上げて防ぐこともできますし、年齢にとらわれず使っていただける便利なアイテムではないでしょうか。

こちらは度付きレンズを入れることも可能なのでお気軽にお問い合わせください。