メガネの松山のブログ

メガネの松山のブログ

メガネ・補聴器ならメガネの松山。
メガネに関することは何でもお気軽に
ご相談ください。

2023年12月5日

【メガネの松山(亀岡本店)】補聴器用の空気電池は冬が苦手

補聴器用の空気電池は乾燥や低温になる冬が苦手‥

空気電池の寿命を縮める要因として

① 低い温度

②乾燥

③二酸化炭素

と、言われています。

冬場は空気が乾燥し、気温も低く、室内も暖房器具などにより乾燥しがち。

電池の寿命も夏場に比べて短くなってしまいます。

①保管場所

保管場所は換気の良い常温の場所で保管してください。

低温や高温になる場所やストーブ等のある乾燥しやすい場所は避けてください。(特に石油ストーブでは二酸化炭素も発生します)

②寒い日は手で暖めてから使用する。

③シールを剥がしてから1〜2分待ってから補聴器に入れる。

以上のことで少しでも電池の寿命、性能を保てます。

また、使用済みの電池は販売店、電気店、時計店等のリサイクル回収ボックスにお持ちくださいね。